「図書館×ゲーム」活動報告日誌

九州の図書館で、アナログ・デジタルゲームを中心とした様々な企画を行っている格闘系司書の活動を紹介しているブログです。

益城町図書館さんで「本を使ったボードゲーム会」をおこないました。

熊本の益城町図書館さんの企画で、本と相性の良いボードゲームを遊んで、読書につなげるという『ちょっと変わった読書会』(文学系ボードゲーム会)をおこないました。

(^ω^)

 

f:id:henauru:20190125065334j:image

 

益城町図書館さんは、図書館でのボードゲーム企画で、小さい子へのサービスとしてのボードゲーム企画は確立していましたが、今回は中高生〜大人向へのアプローチとしておこないました。

 

大人向けのボードゲームを使った読書推進は、私も力を入れている分野なので、開催できて嬉しかったです。

(´∀`)

 

内容としては、「Bring Your Own Book」「横暴編集長」「図書館たほいや」という、本と関わりが深いボードゲームを少人数で遊んで貰って、読書会のように楽しんで貰えました。

 

f:id:henauru:20190125065849j:image
f:id:henauru:20190125065853j:image
f:id:henauru:20190125065857j:image

 

みんなで好きな本を持ち寄って遊ぶので、ビブリオバトルの前後にするのも良さそうです。

( ^ω^ )

 

当日は、わざわざ県外から来てくれた方や、年齢層も大学生〜年配の方まで幅広く集まって頂きました。

 

終始なごやかなムードの中、楽しく進んで大変良かったです。

 

また、ゲームをきっかけに色々な本に興味が出たり、自分の持って来た本について話したりとか出来たのが楽しかったですね。

 

図書館でのボードゲーム企画というと、子供向けのイメージがありますが、大人がじっくり楽しめるゲームも多くありますので、これからも進めていきたいです。

ヽ(^ω^)ノ