「図書館×ゲーム」活動報告日誌

九州の図書館で、アナログ・デジタルゲームを中心とした様々な企画を行っている格闘系司書の活動を紹介しているブログです。

熊本、おおづ図書館さんでのTRPG企画を

2021年3月13日(土曜)

熊本おおづ図書館さんでTRPG企画を行いました。

https://www.ozu-lib.jp/_m/event/2021/4190/

f:id:henauru:20210314001744p:image

格闘系司書 on Twitter: "熊本、おおづ図書館さんでのTRPG企画は無事に終わりましたー。 (´∀`) コロナ対策で1時間という制限がありましたが、ソードワールド2.0とクトゥルフのどちらも無事に楽しんで頂けました。 窓開けっ放しでも、気持ちいい季節なので助かりました。 https://t.co/Lnhw5RhV8Q… https://t.co/tvKyDFAQg2"

 

今回は、ゲーム部(図書館の公式ボランティア)の子に『ソード・ワールド2.0』のGMをして貰い、私は『クトゥルフ』のKPを行いました。

f:id:henauru:20210314003428j:image


f:id:henauru:20210314003431j:image


f:id:henauru:20210314003437j:image

 

コロナ対策として【1時間以内に企画を終わらせる】という条件があって大変でしたが、なんとか終わらせる事が出来ました。

以下、コロナ対策と時短の工夫です。

 

【コロナ対策】

・事前申し込み制で4人卓✖️2の8人のみ。

・体温測定&消毒

・窓は開けっ放し(九州なので昼はポカポカ)

・企画は1時間で終わらせる

 

【時短対策】

キャラクターシートは事前に作っておいて、当日選んで貰う。

事前に作るのは能力値と技能部分だけで、名前、性別、バックボーン、職業などは当日好きに書いて貰う。←これは正解でした。

 

ボードゲーム『フィフティーン』のシステムを使用して、調べられる所は固定、情報の習得もカードで管理。どこを調べたらいいのか?という状況にならないようにする。

f:id:henauru:20210314004255j:image


f:id:henauru:20210314004259j:image

・多少メタ的な発言もして、効率よく進むのをサポート。

 

プレイヤーの子達が協力的&全員経験者という事もあり、50分程度で終了。

その後の雑談も盛り上がったので、楽しんでくれた模様。

 

いつもならここからシナリオに絡めたブックトークなどで本の紹介をしますが、時短企画の関係上、今回は断念。

 

参加者やボランティアスタッフの子達に楽しんで貰えたので、概ね成功かなと。

 

手伝ってくれたボランティアの子には、後で独自にクトゥルフを遊んで貰いました。

しっかり頑張ってくれたので、これくらいはですね。

((^ω^)

f:id:henauru:20210314005026p:image

 

調べ物をしたり、ルールブックを読み込んだりなど、TRPGというゲームは図書館や本と相性が良いと思っています。

 

若い子たちが図書館に来てくれるきっかけにもなりますし、何より『TRPGやってみたいけど、どこでどうやってやるの?』という子たちに公共図書館として場所を提供(新しい文化体験の提供)ができるのが嬉しいです。

(´∀`)