「図書館×ゲーム」活動報告日誌

九州の図書館で、アナログ・デジタルゲームを中心とした様々な企画を行っている格闘系司書の活動を紹介しているブログです。

広島、三原市立図書館さんでの研修をおこないました。

コロナ禍で大変な時期ですが、ありがたい事に声をかけて頂きまして、広島の三原市立図書館さんで研修講師をさせて頂きました。

 

「三原市立図書館」の画像検索結果

 

20名ほど参加で、司書の方だけでなく、学校や学童関係者の方にも参加して頂きました。

 

例によって、入り口から楽しい感じにして、色々な情報を展示しました↓

f:id:henauru:20210210161523p:plain

f:id:henauru:20210210162406p:plain

 

f:id:henauru:20210210162247p:plain

 

図書館でのゲーム活用を中心にお話しましたが、注意ポイントや運用のコツ、期待されるメリット(個人的には勉強と結びつけないようにしています)などは、学校や学童でも活用できるので、参考になったと思います。

 

また、今回から新しく始めた事として『各机にボードゲームを置く』という事をおこないました。↓

f:id:henauru:20210210163304p:plain

 

これにより。

【より気軽に実際に触れてもらえる】

【ゲームの多様性を知ってもらえる】

【私の話が合わなかった時の暇つぶしに】

という、狙いがあり、上手く行ったと感じました。

 

寝そうなときに触ってもらえるので、今回は寝た人いなかったですw

 

最後に、色々なボードゲームを体験してもらい終了しました。

毎回ですが、ノリがいい参加者さんがいて救われます。

体験はみなさん譲り合って、希望者が出ない時がありますので。

図書スタッフの中にはTRPG勢もいて、積極的に参加&質問をしていただき嬉しかったです。

 

最後になりましたが、感染対策としては、入室前の消毒や熱確認などの基本的な事から、使用するボードゲームは2週間以上放置した物を使い、体験で1回使ったら消毒か、1回の使用でやめる、プレイヤー同士の座る位置を離す(これが一番やにくかったです)などを行いました。

 

もちろん100%安全という事はありませんので、研修終了後2週間経つまでは落ち着きませんでした。

 

多くの方に助けていただき、なんとか図書館でのゲーム活動をさせて頂いています。

これからも、のんびり頑張りますので、よろしくお願いします~。