「図書館×ゲーム」活動報告日誌

九州の図書館で、アナログ・デジタルゲームを中心とした様々な企画を行っている格闘系司書の活動を紹介しているブログです。

学図研(学校図書館問題研究会)ニュースに寄稿しました。

学校図書館でもゲームが活用されており、嬉しい限りです。

 

ボードゲームですと、京都の久美浜高校さんが有名ですね。

https://www.kyoto-be.ne.jp/kumihama-hs/cms/index.php?key=jo7ap667t-193

 

デジタルゲームを活用しているのは、埼玉県飯能高校さんがあります。

昼休みに「ぷよぷよ」とか「龍が如く」を遊べるのは最高ですね!

 

https://withnews.jp/article/f0200206001qq000000000000000W07n10101qq000020491A

 

学図研ニュースに寄稿した内容ですが、ボードゲームとTRPGについては別の方が素晴らしい文章を書いてくださったので、私はデジタルゲームについて書かせていただきました。

 

f:id:henauru:20200210224149j:image

 

f:id:henauru:20200210224202j:image

 

f:id:henauru:20200210224206j:image

「FGO」「ALTER EGO」「フォートナイト」「ペルソナシリーズ」などを通じた読書推進について書いています。

 

他の方が書かれた内容で、凄く「わかる~」となったのが、「学校図書館でのTRPGやボードゲーム企画は、参加する人たちが固定されてしまい、身内だけで楽しくやるようなイベントになってしまう」という部分です。

固定メンツそのもののは悪い事ではないと思っていますが、色々な方に体験してもらうのも大事なので、バランスが難しいところですね。

特に学校図書館は、この辺はホント難しそうだなと感じています。

 

冊子がどこで読めるのかちょっとわかりませんが、機会がありましたら是非読んでみてください。