「図書館×ゲーム」活動報告日誌

九州の図書館で、アナログ・デジタルゲームを中心とした様々な企画を行っている格闘系司書の活動を紹介しているブログです。

大学図書館でのTRPG企画

大学図書館TRPG企画を行いました。

(´∀`)

 

https://puklibclub.blogspot.com/2019/08/blog-post_74.html?m=1

 

私は会場設定だけで、シナリオは2人の学生さんにそれぞれ考えて貰ったのですが、これがめちゃくちゃ凄かったです!!

Σ(゚д゚*)

 

シンデレラをモチーフにしたシナリオ「灰かぶりのゆくえ」では、実際に図書館で本を探し、原著にあるデータから解決に向かうという内容で、素晴らしかったです。

 

f:id:henauru:20190811170530j:image


f:id:henauru:20190811170556p:image


f:id:henauru:20190811170638p:image


f:id:henauru:20190811170517p:image


f:id:henauru:20190811170450j:image

 

シナリオ「シ者択一」では、プレイヤーが好き本を持ち込み、それがギミックアイテムとなったり、その本をビブリオバトルのように紹介したり、とこちらも素晴らしい内容でした。

 

この辺の、TRPG×ビブリオバトル(ブックトーク)とか、TRPG×図書館とかは、新しい文化として成立するのでは?と思っています。

 

素晴らしい学生さんが身近にいる今の環境は、神レベルというのを再確認したので、色々とやっていけるように頑張ります!

(`・ω・´)